私の夫は誰だったの?

2019年4月09日 カテゴリー:雑記

映画を見終わって想像していた以上に佳作だった場合、原作をチェックしてみるが、この作品はある新聞記事を読んでインスパイアされて作られた作品であると知った。

 

映画の題材となった、その記事は当時、主婦だった私の一日始まりをひどくざわつかせたことを思い出す。1991年11月、朝日新聞の記事の見出しは大きく「夫は誰?あなたは誰だったの?」と書かれていたからだ。

 

5年間内縁関係だった夫が病死したため死亡届けの際に、持参した夫の身分証明、戸籍抄本の全てが実は偽者だったと判明し、そんなはずはないと勤務先の病院、大学にも訪ねてみるが該当する人物がないことに愕然とする妻の叫びだった。

 

夫は医師だと言い、自宅には東大医学部の卒業証書のコピー、ドイツ語の書き込みのある医学書、医療用器具の入った鞄、医大職員の身分証と、700ページに及ぶ原稿用紙の書きかけの小説も残されていたという。

 

一緒に暮らしていた夫が亡くなったことも辛いのに、それが実は見知らぬ人だったと知った時、妻として驚きを越えたかなしみがどれだけあったことだろう。

 

夫は心臓外科医で週末だけ研究室で実験をしているといい、月曜帰宅するというパターンで暮らしていたが徐々に体調を崩し、医者でありながらどれだけ病状が悪化しても病院に行こうとしなかった。

 

そんな日々の中、寝たきりのはずなのに自宅を空けたことがあり、心配した妻が出張先の浜松医大を訪ねた所、そんな人物は存在しないことに気づく。

 

妻は夫の素性について激しく詰問するも、夫は何も答えることなく息を引き取ってしまうのだった。そして、死の間際には「死ぬしかなかった。本当は生きていたかった」という謎の言葉を残している。

 

この話にはまだ先がある。

 

この新聞記事を見てたどり着いたのか?この男性を20年間探し続けていた妻がいて、ようやく男性は本当の妻の元へ戻ったと記されているが、男性が一体どんな人物であったのか興味が尽きないが、その詳細については書かれていない。

 

なぜ本当の家庭を捨ててまで、偽りの生活を続けようとしたのか、映画の中では悲しみの中で自分を変えようとした決意があったのだが、現実の世界ではそう簡単にこれまでの自分を変えることは容易ではなない。

 

妄想を大きくふくらませてしまうが、実際には日本において警察に届けられている家出人数は年間8万人以上の人が失踪し、9割近くが戻ってくるのだが残された人は失踪したままなのである。

 

あえて、家出人届けを出さないケースも含めると、この一見平和に見える日本でも家族と縁を切り、或いは事件に巻き込まれているのか、無縁社会の中で多くの人が生きていることに驚かされる。

 

家出人の家族の流す涙は知らぬ間に追い込んでしまった後悔や、家出した理由すらわからない慟哭の中にいて、受けるこちらも一瞬足りとも気の抜けない時間の中に共にいるが、やはり思うに事実は小説よりも奇なり。

 

事の詳細を知りたい欲望に駆られてしまうが、内縁の妻と本当の妻をどれだけ苦しめてしまったかと思えばどんな深い事情があったにせよ、罪深い夫である。

 

 

 

 

 

 

シーカーサービス

スタッフブログ
  • 浮気調査 (素行調査)
  • 所在調査
  • 家出調査

ご相談・お見積は完全無料です

無料メール相談はこちら

総合調査シーカーサービス

〒530-0041
大阪市北区天神橋3-5-3
GOX南森町 (旧 ジオ南森町) 3F
TEL 06-6353-5055

興信所・探偵社業届出
営業所の名称
シーカーサービス
届出番号
大阪府公安委員会 第62090608号
全国調査業協会連合会
会員番号 1725号
大阪府知事認可
大阪府の条例(昭和60年3月27日大阪府条例第二号)に基づき、大阪府知事に届け出て認可を受けております。

調査を終えられたご依頼者の皆様へ

いかがお過ごしでしょうか? この度はシーカーサービスを信頼くださいまして誠にありがとうございました。
調査が終わられても、未だに弊社のホームページやブログを見ていただいているとお聞きします。
相談員への感謝の言葉やメールも、数多く寄せられ、その励ましの声に、落ち着かれた日々を知り、調査員、相談員、当社の従業員全て、この職業に携わってきて意味のあるのものだと感じさせていただいております。
同じように悩まれる方がそばにいて、調査会社を探しているお話があれば、どうか私どもをご紹介ください。
調査を終えられた方でしか、調査の質や術が理解出来ない特殊な世界でもあります。あなたがご依頼される前に何もかもが不安だったように、身近に依頼された方がいるだけでも安心されます。 そして、この貴重な経験を同じように苦しまれている方に、生かしてあげてください。
ご紹介いただけることは最大の信頼を頂戴したものと同じことですから、私どもも、一層励みとして受けさせて頂いております。
相談時は、依頼者のお願いされた契約内容、個人情報は一切お話しませんのでご安心ください。
ご紹介からご契約に至ったご依頼者、ご紹介者には些少のサービスとお礼をさせていただいています。
相談者をご紹介くださる場合は、担当した相談員へフリーダイヤル (0120‐633‐444)でご連絡ください。

ご依頼者様アンケートの紹介(PDF)