不幸の中にある幸福

2017年10月10日 カテゴリー:雑記

それはきっと間違いなく幸福の時間のさなかにいるはずだが、そんな時間にいても、それが幸福なのだと誰も教えてはくれない。幸福を知っている人はきっと不幸を味わった人だけなのかもしれない。

 

例えば離婚してしまったとしても、全てが辛い時間だったわけではなく、笑顔でいた時間が多かったとも思いたい。

 

結婚している時、夕刻になるといつも早く帰らないといけないという気持ちにさせられた。夫の帰宅時間は遅かったが、主婦として日が暮れる前に家にいるということが普通の感覚にあったからだ。

 

買い物をすませて淀川べりを自転車で家路に急ぐ。今日はお買い得品を買えたなと、小さな幸福が主婦になるとたくさんあって、天気が続くとなぜか嬉しくなり、金曜ドラマを熱心に見ていた。

 

EVが上昇するとキッチンにいても、廊下を歩く夫の靴音はすぐにわかって、帰宅を迎えると家の灯りが一気に明るくなったような気がした。

 

離婚して20年になるが、私は本当に結婚生活を営んでいたのだろうかと思うほど徐々に記憶は薄れつつある。

 

結婚していた時には考えられない職業をしている私は、今の職業については、けしてなりたくてなった職業ではない。

 

離婚を考えていた私は、探偵社の求人募集に「人の話を聞く仕事です」そうかかれていた時、はたして人の話を聞くことがきちんと出来るのだろうかと実は普通の人以上に非常に不安を覚えた。

 

何故なら私は常々、人から何か相談事を持ちかけられるタイプでもなく、女性の多い職場でパート勤務していたが、何かで悩んでいるという女性の話はほとんどが決着のつかない話が多く、誰よりも苦手だった。

 

だが、初めて電話相談を受けた時、話が佳境に入ると顔は見えないが電話をかけてきている人の姿が見えるような、これまでの結婚生活さえもうつしだされるような妙な感覚に陥ったのだった。

 

この人も夕刻には台所に立って、夫を迎える準備をしながら、幸福の時間にいて、ある日を境に普通の生活から一気に目に見えない何かに支配されそうな恐怖を感じていることに。

 

うまく話せない相談者にジグゾーパズルをうめるように、話がしやすい道のりをつけることや、話を聞くことは話をしやすい環境を作ることが一番大切であることに気づかさせられた。

 

離婚を視野に入れる依頼人の妻に何か私がアドバイスが出来るとするならば、本気で人生を変えたいと思えば、どんな困難も超えられると言うことだろうか。

 

今の困難はただ今の瞬間だけの困難であって、これ以上大きくしないことを考えなければならないが、多くの悩める相談者は今起きていることだけにとらわれすぎて、一歩も前に進めない感情の中にいる。

 

感情ほど予測のつかないものはなく、落ち着いているものと思っていたら、死を選ぶ間際まできている人もいて、心を映し出す風景は自分さえも気づかないこともある。

 

奇しくも私は自宅に帰る車窓から、かつての結婚していた線路沿いに建つマンションを眺め、散歩コースだった淀川の風景を毎日見つめ続けさせられている。

 

数年は辛く、けして車窓に立つことはなかったが、その風景は最近になって、懐かしい、ただ懐かしい気持ちにさせてくれるようになった。

 

線路沿いを買い物品を乗せた自転車に乗っている30代前後の主婦を見つけると、あなたは今、毎日が大変だろうけど、きっと幸福の時間の中にもいる、そう伝えたくなってしまうのはなぜだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査を終えられたご依頼者の皆様へ

いかがお過ごしでしょうか? この度はシーカーサービスを信頼くださいまして誠にありがとうございました。
調査が終わられても、未だに弊社のホームページやブログを見ていただいているとお聞きします。
相談員への感謝の言葉やメールも、数多く寄せられ、その励ましの声に、落ち着かれた日々を知り、調査員、相談員、当社の従業員全て、この職業に携わってきて意味のあるのものだと感じさせていただいております。
同じように悩まれる方がそばにいて、調査会社を探しているお話があれば、どうか私どもをご紹介ください。
調査を終えられた方でしか、調査の質や術が理解出来ない特殊な世界でもあります。あなたがご依頼される前に何もかもが不安だったように、身近に依頼された方がいるだけでも安心されます。 そして、この貴重な経験を同じように苦しまれている方に、生かしてあげてください。
ご紹介いただけることは最大の信頼を頂戴したものと同じことですから、私どもも、一層励みとして受けさせて頂いております。
相談時は、依頼者のお願いされた契約内容、個人情報は一切お話しませんのでご安心ください。
ご紹介からご契約に至ったご依頼者、ご紹介者には些少のサービスとお礼をさせていただいています。
相談者をご紹介くださる場合は、担当した相談員へフリーダイヤル (0120‐633‐444)でご連絡ください。

ご依頼者様アンケートの紹介(PDF)